冷凍法と発送方法

FREEZING A BIRD- STEP 1

FREEZING A BIRD- STEP 2

FREEZING A BIRD- STEP 4

 FREEZING A BIRD- STEP 3

冷凍法と発送方法


冷凍

剥製にする必要のある各動物は、涼しい場所で保管されなければなりません。できれば冷蔵庫の中で保管するのがいいでしょう。冬の間は、死んだばかりの動物を暖房の無い小屋で約7日間は保存することができます(気温が零度以下の場合です)。夏の間は、涼しい場所(地下室)では約2、3日は保管できます。


あなたが動物を冷凍したい時は、古新聞かキッチンペーパータオルで包んでおくのが最も良い方法です。動物を新聞紙の上に寝かせ包むだけです。新聞は冷凍焼けを防ぎます。それから動物を厚手のビニール袋に入れます。

キツネなどのような大きな動物の場合は、プラスチックのゴミ袋2枚に入れて冷凍することができます。この方法は1年以内であれば、あなたが保管したいだけ冷蔵庫で動物を保管できます。


発送

もしあなたが外国に住み動物を剥製師に発送することを希望している場合は、サイズを測る必要があります。

ドブネズミ以下のサイズの哺乳類はアルコール(80)で満たしたビニール袋か容器に入れ、速達便で郵送することができます。小さな鳩のサイズ以下の鳥であれば、同じ方法が適用できます。

大きな動物は皮を剥ぐ必要があります。皮へ切断の穴がつくのを防ぐためと切断が長すぎないことを確認するためにもこれは専門家に依頼してください。もしあなたがハンターでしたら、これらの作業は難しすぎるということはないかもしれません。

動物の皮を剥いだら沢山の塩を皮に掛ける必要があり、それから皮を包んでおいてください。頭蓋骨は保存し肉や脂は取り除いてください。そして頭蓋骨にも塩を使用してください。それら全てをプラスチックの容器か分厚いビニール袋に入れ速達便で郵送してください。保護動物では無いことをご確認ください。もし保護動物を送る場合には、正式な書類を取得しているかをご確認ください。さもなければあなたは深刻な問題に巻込まれてしまうかもしれません。






メインページに戻る